借金依存症

借金依存症から立ち直る最良の方法とは?

「もう借金はやめよう!」

 

と思っても借金生活から抜け出せないようなら借金依存症の可能性があります。

 

 

借金依存症になると、自分の力だけでは立ち直りが難しくなります。

 

 

放っておくと借金はどんどん膨らむ一方。

 

 

借金依存症という病気も治ることはありません。

 

 

借金依存症のことなんて誰にもバレたくないですよね。でも立ち直るためにはある程度、誰かの助けが必要になります。

 

 

ではどんな助けが必要になるのでしょうか?

 

 

借金依存症から立ち直るためには「強制的にお金を借りられない状況を作ってもらう」のが最善の方法だと思います。

 

 

お金を借りたくても借りられない状況。

 

 

今のアナタからすると大変な状態かもしれませんが、これを乗り越えなくては借金依存症が改善する可能性は低いです。

 

 

ではどうやってお金を借りられない状況を作り出すのでしょうか?

 

 

法律の力を借りることで、お金を借りられない状況を作ることができます。

 

 

債務整理という方法を使うのですが、債務整理には「任意整理や個人再生、自己破産」といった3種類の方法があります。

 

 

今のアナタの借金状況や収入の状況からどれを選ぶかが決まります。

 

 

これらの方法を使うことで、取り立てがなくなったり借金を減額してもらえます。

 

 

借金依存症から立ち直るのに重要なのはこの後ですが、債務整理を行うと5〜7年程度、新しい借金は出来なくなるのです。

 

 

5年もの期間、借金をしない生活を続けると借金をしない生活が当たり前になります。

 

 

債務整理をすることで、借金問題も解決できますし、借金依存症から立ち直りましょう。

 

 

実際、債務整理は借金問題を解決するための法律でもありますが、借金依存症から立ち直らせるための法律でもあります。

 

だからこそ、5〜7年間は新たな借金ができないようになっているわけですね。

 

 

債務整理の詳細については、あなたの借金状況によって変わってくるので法律の専門家に相談してみるのがいいと思います。

 

 

でも、法律の専門家といっても、得意不得意があるので、借金の問題に詳しい専門家に相談しなければいけません。

 

だれが借金問題に詳しい人なのか?なんて普通わからないですよね。

 

 

そんな時は借金減額シミュレーターを利用してみるといいですよ。

 

 

これは無料で匿名で利用できるのですが、今のあなたの借金はどの法律を使って、どれだけ借金を減額できるのか教えてくれるサービスです。

 

 

そして、今のあなたの借金状況にピッタリの専門家も紹介してくれます。

 

 

分からないことがあれば無料で教えてくれるので聞いてみるといいですよ。借金依存症のことや、債務整理のことなど聞いてみて下さい。

 

 

親身になって答えてくれるので、すごくホッとすると思いますよ。

 

 

とにもかくにも、借金依存症から立ち直るためには、まずは法律の専門家に相談しないとはじまりません。

 

 

少しの勇気で立ち直ることができるので、頑張って相談してみてくださいね。

 

 

借金依存症から立ち直れることを祈っています。

 

 

⇒借金減額シミュレーターをみてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金依存症

 

交際3年で発覚した主人の借金依存症

 

交際3年を目前にしたある日、デートの帰り道に突然借金があると切りだされました。

 

その当時2件の消費者金融から150万円ほど借金があるということでした。主人の実家は元々自営業でしたが、事業に失敗し借金を抱えておりその返済の負担を子どもたちもしているということ、ただ自分の生活もあるから給料だけではやっていけずに借りてしまったとのことでした。借金依存症ですね。

 

私の父親も借金を抱えていた経験があったため、交際当初から借金が無いかどうかを厳しく追求していたつもりだったのですが騙されていました。

 

 

借金依存症

 

それでも私との結婚を考えているとのことだったのでまずは、現在CM等でもみかけるようになった債務整理をしてもらうことをお願いしました。またそれとは別に毎月8万円積み立てること、親への仕送りを停止してもらうことを条件に協力することにしました。冠婚葬祭等の重なりやすい年齢でもあったので毎月の積立額が少なくなることもありました。

 

債務整理もしてもらって安心していたのですが、思わぬ落とし穴がありました。それは、毎月4万5千円の支払いをしていたのですが、そのうち2千円ほどが手数料として差し引かれていたのです。これに驚き、月々ではなく一括で返済する方法に変更しました。まだ半分ほど残っていた借金をどうするかと考え、大変心苦しかったのですが、結婚式を行い主人側の列席者のご祝儀を借金返済に充てることにしました。

 

返済から2ヶ月後、債務整理をお願いしていた会社より全額返済完了の通知が届きとても安心しました。大変ありがたいサービスかと思いますが、こんな手数料が存在しているとは知らず勉強になりました。

 

借金依存症になるとこのような方法で切り抜けるしかありませんね。本人だけの力に任せていては解決することはないとおもいました。

 

 

借金依存症を解決

 

 

生活に困って作ってしまった借金

結婚して17年になります。主人は世間でよく言う負け組世代です。結婚当初は建設関係に勤務してましたが小泉内閣の時の政策で公共事業がバタバタと減りリストラされ建築関係の仕事に就けたもののリーマンショックで会社が倒産しました。安定しない生活に少しづづ借金を重ねてしまいました。借金の依存症とも言えるような状態でした。

 

当初は惰性で返済していましたがこの時30代半ば、40代半ばまで借金の返済に追われる自分とお金が回らなくて子供を進学させてあげられないのが見えてきたとき、機と目が覚めるような気がして即、返済の速度を倍にあげました。借金依存症から立ち直ることができるのでしょうか?

 

倍を返すのは容易でなく学校納費を滞納したり部活動費を待ってもらったり電気も止められガスも止められました。精神的にかなり追いつめられて子供の要求に答えられない自分に苛立ち子供に声をあげました。自分たちの力の無さに作ってしまった借金でいっぱいいっぱいで子供には何も関係無いのに涙があふれてきました。実家からお米をもらったり小遣をもらったりして情けない生活でしたが40歳目前で完済することが出来ました。昨今、お金を借りるのも簡単にカードを作ればATMで簡単に引き出せますが返済が始まると利息が大きくついてきて返済の三割が利息ですごく大変な事です。生活もままならない状況もありました。今は最低限の生活でも幸せに過ごしてます。

 

 

借金依存症から抜け出す

 

 

いい意味でも悪い意味でも勉強になった借金依存症

借金返済まで、苦労したところは、借金返済をしながら家族の面倒を見なければならなかったことです。

 

なので、返済日だけは、絶対まもらなければ、誰も助けてくれる人もいないし、下手をすると自宅にまで、尋ねてきたりするので、とにかく毎月ヒヤヒヤしていました。

 

最初に借金をしたきっかけは、車の車検のためでした。

 

そして、姉弟のできちゃった結婚などがあり、出費することがかさなりました。

 

さらに、両親は、正社員だったので、会社で副業が禁止されていることもあり、月収で足りない時は私におんぶされているような状態でした。

 

なので、だいたい毎月返済しては借り返済しては借り、という生活をしていました。

 

こういう両親なので、私がクレジットカードを持っていてもお金をそこから借りて出していることは、話ませんでした。

 

話してしまうと自分の苦しさばかりを口に出し、お金お金と頼ってくるからです。

 

 

借金依存症

 

なので、私は、買いたいものも我慢し返済日まで、口座にいくら残して置くとか、そんなことばかり毎日考えていました。借りては、借りを繰り返すことを両親が、会社を退社するまでの4〜5年続けていたので、その間支払っていたお金は、どぶに捨てたようなもので、何の意味もありません。まさに借金依存症ということができるのではないでしょうか。

 

それが、返済しながら、一番惨めなことでした。

 

それから、父親が、退職して仕事を複数持つことが、できるようになり、私を当てにすることがなくなり、返済するだけになったので、無事に返し終えることができました。

 

借金返済まで、相当苦労しましたが、お金を借りることは、怖いこと。ということを身を持って学んだと思います。借金依存症から復帰することはすごく難しいことです。初めから借りない事が重要ですが、ドツボにはまってしまった場合にはそれなりの覚悟が必要だと思いました。